音楽理論のための超基礎知識とは

楽器初心者・楽器ができない人でも、音楽を楽しむ上で理論を学ぶメリットは大きいと考えています。もちろんネットや書籍で調べてもらえばたくさんの情報が見つかるのですが、正確に・網羅的にまとめすぎていてとにかく分かりにくい!ある程度音楽の経験がある人でも、集中して勉強しないと中々身につかないのが現状です…。

そこで音楽理論について、あくまで【楽器ができない人でも分かるように】【超ざっくり】かみ砕いて書いていこうと思っているのですが、まずはそのために最低限必要な知識・用語についてまとめていきたいと思います。目次は記事ができしだいリンク化していきます。またその都度追加や削除するかも知れません。随時更新です!

はじめに

今回のテーマは音楽初心者でも音楽理論を理解し、音楽鑑賞や演奏、最終的には作曲も楽しんでもらえるように書き綴っていくものです。そのため、感覚的な表現や説明不足にしている部分も多くなっています。専門的に勉強してきた人からすれば『こんないい加減なブログ…』と思われる部分もあるかも知れません。ですが最初に何もかも完璧にしようとするほど、学習が遅れてしまうと俺は考えています。まずはこのブログで音楽理論の概要を学んでもらい、本当に興味と必要性が出てきたら不完全な部分を埋める形で本格的に勉強してもらえばいいでしょう。その点だけ理解して読み進めてもらうと助かります!

目次

1.音の高さって何で決まるの?【音の仕組み】

振動、周波数、オクターブ等について

2.ドレミの位置関係を覚えよう!【音名】

まずは鍵盤に対する音の名前と位置関係を覚えてね!

3.どうして音は12種類?【平均律】

そもそもピアノの鍵盤はなぜ12個なのか知ってますか?全音と半音について

4.3度上って…?温度?角度?【度数】

音と音の距離にも名前つけちゃおう!という話

5.和音って全部覚えるの?作り方はある?【コード】

ドミソの和音はC、ラドミの和音はAm…?
これを知ってるかどうかで今後の成長速度が違ってくるコードの超基礎!