nanaサブアカウントの作り方と活用法

脱!nana初心者

『そろそろサブアカウントも作ってみたい!』

今回はそんなあなたに、サブアカウントを安全に作る方法とその活用法を紹介したいと思います♪

サブアカウントとは

最初に登録したアカウント以外に、何らかの目的で別に作成したアカウント。

通常、場面や目的によって複数のアカウントを使い分けるために作成します。

nanaでサブアカウントを作る方法

nanaはアプリ上でしかアカウントの作成・ログインはできません。そのためサブアカウントを作成するには、一度現在のアカウントからログアウトし、新規アカウントを取得する必要があります。

ログアウトの方法

[設定]⇒[ログアウト]から[ログアウト]をタップすればログアウトすることができます。

なおこの際、ログイン情報が設定されていないと二度とログインできなくなってしまうことがあります。必ず確認しましょう。

★関連記事:【「ログインできない」を防止するには】

ログアウト後は新規登録と同じ画面が表示されます。手順通りアカウントを作成しましょう。

★関連記事:【nanaの始め方】

ここで今まで使っていたログイン情報とは別の「メールアドレス/Twitter/Facebook」いずれかが必要になります。事前に用意しておきましょう。またログイン情報さえあれば、サブアカウントの数に上限はありません。

アカウントの切り替え方

一度サブアカウントを作ってしまえば切り替えは簡単です。

[設定]⇒[ログアウト]⇒[別のアカウントでログイン]から使用したいアカウントにログインできます。

ただしログアウトすることに変わりはありません。しつこいようですがログイン情報を解除した状態でアカウントを切り替えないように!

サブアカウントの活用法

次にサブアカウントの使い方を紹介します。

練習用アカウント

  • この曲あんまりちゃんと知らないけど歌いたいなぁ
  • とにかくいっぱい歌いたい!でも連投したら迷惑になるかも
  • 練習中の曲を毎日記録したい

という人は、練習用アカウントを作るのがオススメ!アカウント名に「練習用」と書いておくことで、人目を気にせず投稿ができます。

ただし!

サブアカウントだったとしても、伴奏を使う際の拍手など他ユーザーに対する最低限の心配りを忘れずに♪

ジャンル別アカウント

  • まとめ用
  • 声劇や声面接用

ジャンルや目的によって使い分けるのも効果的です。

まとめ用

歌もうたうけど、伴奏やエアハモといった人からコラボされるサウンドをたくさん投稿している人は、それ専用のアカウントを作ってまとめてしまうのもオススメです。コラボしてくれた人が「他のサウンドを探しやすくなる」というメリットもありますし

歌を評価されたいのに伴奏への通知ばかりきてウンザリ…

なんて悩みも解決できます!笑

声劇や声面接用

nanaでは歌の投稿以外にも、声劇声面接といった声を使った投稿も盛んです。

『セリフにも挑戦したい…でもちょっと恥ずかしい…』

そんな時は迷わずサブアカウントを作りましょう。笑

投稿する前に要確認

サブアカウントを作るのはとても簡単でしたね♪

ですが、一つ注意してください!

複数のアカウントを使い始めたなら、投稿する前に必ずアカウントが合っているか確認しましょう。

間違えて投稿すると、場合によってはすごく恥ずかしいことになちゃいますよ…。笑

■記事内リンクまとめ

タイトルとURLをコピーしました