感情のこもった歌をうたって、人を感動させたい。

歌をやっている人なら、一度はそう考えたことがあるのではないでしょうか。
ですが「歌に感情を込める」ことと「感情のこもった歌」は必ずしもイコールではありません。
なぜならその歌に感情が込められているかなんて、歌ってる本人にしか分からないことだからです。言ってしまえば

『感情なんか込めなくても、人を感動させることはできる』

ということです。

じゃあ感情を込めることは全くの無意味なのか?無論、そうではありません。
今回は”感情のこもった歌をうたう方法”ではなく”歌に感情を込めることの必要性”について書いていきたいと思います。

感情を込めるメリット

最初にハッキリ言っておくと、ボイトレをしていないような初心者の人達にはほとんどメリットがありません
それを前提に読み進めてもらえると分かりやすいと思います。

感情込めることのメリットは歌っている最中、楽曲に無中になれることです

夢中になるとはどういうことか、説明していきましょう。

ピッチやリズムに気を取られなくなる

ある程度真剣に歌の練習をしている人は、ピッチやリズムを正確にしないとと気を付ける癖がついていると思います。
ですがそういう真面目さがかえって『ミスったらどうしよう…』という不安を産むことになり、実際に本番で上手くいなかったりします。
また発声が定まっていないような人も、いい声を出すのにいっぱいいっぱいで結果いい歌はうたえない傾向があると思います。

歌の道を志している人ほど、原点に立ち返って感情を込めてみてください。
それまでの練習がきちんとできている人なら、感情を込めて夢中になった方が上手く歌えるはずです。
そして何より歌うことの楽しさを思い出すことでしょう!

歌詞が覚えられる

正確には、歌詞を覚えないと感情は込められないということですが。笑
感情を込めようとすると、歌詞のストーリーや言葉の意味・響きに一層注意がいきます。
これを意識して練習するだけでも、歌詞を覚える速度は格段にあがるでしょう。

感情のこもった歌になりやすい

言葉への意識が深まると声のトーンや強弱に変化が生まれ、おのずと表現に幅がでてきます。
そういった表現力こそ、歌を聴いている人に感情がこもっているように感じさせる要因なのです。

冒頭で言ってたように、本当に感情を込めることは感情のこもった歌の必要条件ではありません。
そして感情を込めたからといって感情のこもった歌になるとも限りませんので、十分条件でもないわけです。

あくまで感情のこもった歌になりやすいというだけのこと。

それをしっかり認識していないと、感情を込めるということはデメリットにもなります。

感情を込めるデメリット

それは歌が下手になることです。笑

感情を込めすぎて、本当に泣いてしまっては歌えませんよね?
そこまで極端な話はなくても、歌唱技術に注意を向けない状態に変わりはありません。
練習で出来てないことは出来ないし、上手く歌えてない部分は上手く歌えません。

初心者にはメリットがないと言ったのはこのためです。
技術的にできないことをできるようにする練習と、人に歌を聞かせる練習は別に考えた方が賢明でしょう。

感情を込めれば集中力が高まる

本番で上手く歌えない…俺もよく経験しました。

「音を外したらどうしよう…」

「次の歌詞なんだっけ…」

誰だって不安や緊張、雑念にとらわれるものだと思います。
そんな時は一度原点に立ち返って、歌に感情を込めることだけに集中してみましょう。
メンタルコントロールの一つの方法としても効果を発揮することでしょう。

 

そういえば最近歌唱技術ばかり気にしてたなぁという人!

是非、感情を込めて歌ってみてください♪