『YouTuber』という言葉が飛び交う今日この頃…今やYouTubeは、若年層に対してテレビ以上の影響力があると言っても過言ではありません。

「自分のことを知ってもらいたい…」

「あわよくばお金も稼ぎたい…」

なんて、誰しも一度は考えたことがあると思います。そんな時、まず最初に思いつくのがカバー動画ですが

「人の曲でお金もらっても大丈夫なの?」

という疑問が当然出てきますよね。

そこで今回は【カバー動画でYouTubeの広告収入は得られるか】についてまとめてみました!

カバーする楽曲はJASRACNexTone管理のものに限る

【はじめに】誰でも広告収入が得られる訳ではない

YouTubeで動画を収益化するにはYouTubeパートナープログラムに参加する必要があります。これに参加するには審査が必要なのですが、2018年1月16日以降、審査を受けるための条件が厳しくなっています

チャンネルの過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間、チャンネル登録者が 1,000 人に到達すると、このプログラムに参加できるかどうかが審査されます。

YouTubeヘルプより

また審査を受けたとしても、価値のあるチャンネルだと認められなければ審査には通りません。(これは低質や悪質なチャンネルを増やさないための審査なので、真っ当に運営していれば問題なく通ると思います。)

まずは審査に通るためにYouTubeチャンネルを育てる必要があるということを覚えておいてください。

収益化は可能!でも法律的にはNG

上記のYouTubeパートナープログラムにさえ参加できれば、どんな動画でも収益化は可能です。

しかし、著作権者の許可なく収入を得ることになるので著作権侵害で法律違反となります。しかし

「YouTubeがJASRACにお金払ってくれてるんじゃないの?」

と疑問に思っている人もいるでしょう。

YouTubeがJASRACに払っているお金は無関係

そもそもYouTubeが管理団体にお金を払ってくれているから、ユーザーがカバー動画をあげられるわけですが、それはあくまでYouTube自身の利益に対する支払いをしているにすぎません。なので1ユーザーが利益を得る場合は、個別に利用料を支払わないといけません。

しかしそれを実現するシステムがないため、カバー動画で収益を得てしまうと違法になってしまうのが現状なのです。

合法的に収益化できる場合もある

しかし諦めることなかれ!収益をもらっても違法にならない場合もあるんです!

YouTube パートナー プログラムに参加しているクリエイターは、収益受け取りの資格があるカバー曲の動画が著作権を持つ音楽配信者によって申し立てられた場合、そのカバー曲の動画からの収益を分配することができます。これらの動画の収益は比例計算で支払われます。

YouTubeヘルプより

つまり楽曲の権利を持っている人が

「広めてくれてありがとう!お礼に君にも収益を分けてあげるね♪」

という、なんとも親切な申請をしてくれている場合にのみ、収益を受け取ることができます。ただし「一円もあげるつもりないよ!」といって権利者が収益を独占してしまうことの方が多いんじゃないでしょうか?そう考えると、あまり期待はできませんが

収益の受け取り方などはYouTubeヘルプに記載されているので、詳しくはそちらをチェックしてみてください。

【バレなきゃOK?】YouTubeの楽曲認識力について

「思いっきりアレンジしたカバーなら収益化しててもバレないんじゃね?」

なんてことを考えてしまいますよね。

YouTubeは基本的にContentIDを利用した、コンピュータによる楽曲解析をしています。よって違法ではありますが、カバー楽曲だと認識されない動画は収益化できてしまうのが現状です。

まだまだ不完全な楽曲認識

CD音源などはかなり正確に判断できるようですが、アレンジの加えられたカバー動画の判断については難しいものがあるようです。参考に俺が投稿した2つのカバー動画を比べてみましょう。

どちらも『奏(スキマスイッチ)』ですが、カバー動画だと認識されているのは1つ目の動画だけです。タイトルに楽曲名をもろに書いているし、どちらも原曲とは違うキーで演奏していますが、ゆったりとアレンジした方は認識されませんでした。現段階の楽曲認識力はこの程度なのでしょう…。

個別に権利侵害の申し立てもできる

楽曲認識が上手く機能していないからといって、違法に収入を得るのはやめましょう!コンピュータが楽曲を認識できるかどうかに関わらず、個別に権利侵害を申し立てることができるので、最悪の場合訴えられるなんてことも…?

また楽曲認識の精度も今後どんどん良くなってくることが予想されます。というか、オリジナルアーティストに還元するためにもYouTubeに頑張って欲しい部分ですね!

【まとめ】カバー動画の収益化は非現実的

収益化できる楽曲かどうかが定かではないこと、また楽曲を認識してもらえるかが不安定なことから、カバー動画を合法的に収益化するのは難しいと言えるでしょう。今後YouTubeの機能が良くなってくれば、もっと公正に収益化できるようになるかも知れませんが、今現在『カバー動画で稼ぐ』というのは現実的ではありません。YouTubeパートナープログラムに参加するのも大変ですしね。)

カバー動画は、あくまで自分を知ってもらうきっかけとして作成…運が良ければ収益が発生するかも?くらいの気持ちで投稿しましょう♪